むずむず脚症候群 治療法 ムズムズ脚症候群を治す!

muzumuzuashi-bana.jpg

むずむず脚症候群(ムズムズ脚症候群)の原因

むずむず脚症候群(ムズムズ脚症候群)の原因

正確な原因は不明。

これまでの研究は
・神経伝達物質であるドーパミンの機能低下
・中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常
・脊髄や末梢神経の異常
・遺伝的な要素
などが考えられている。

脳内での鉄分の欠乏や、
ドーパミンの合成異常がかかわっているという仮説が有力。

むずむず脚症候群(ムズムズ脚症候群) 症状

【むずむず脚症候群(ムズムズ脚症候群)の主な症状】

じっとした姿勢や横になったりしていると
主に下肢の部分に

「むずむずする」
「じっとしていられない」
「痒い」

という症状が出る。

「ピンでなぞられているような」
「針で刺すような」
「火照るような」
「蟻やミミズなどの虫が這っているような」

などの異様な感覚を覚えることもある。

また「激しい痛み」を感じることもある。

私自身、この苦しさは
「脚の中に手を突っ込んでかき回したい」
感覚に襲われていた。

これらの症状を抑えるため常に脚を動かしたり身体を
さすらなければならない状況に追い立てられる。

特に夕方から夜間にかけて症状が増強するという特徴があり
入眠障害・熟睡障害や中途覚醒のような睡眠障害の要因となり、
また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため
放置していると日常生活に大きな影響を及ぼす。

症状が悪化すると睡眠障害と過度のストレスから「うつ病」を招き、
最悪の場合、自殺する人もいる恐ろしい病気。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。